宅建勉強のスケジュールの立て方

宅建を独学で受けようと決めたのが、ちょうど試験の半年前の4月でした。なので、宅建勉強のスケジュールは6ヶ月と考えて、逆算してスケジュールを組み立てました。

7月になるまでは1日1.5時間を目標に、テキストを読みながら過去問題集をやってみました。最初は過去問題集にの問題の意味もさっぱり分からず、嫌な汗が出たものです。けれど、5月頃には徐々に宅建で必要な単語や語句の意味も分かり、過去問題も何を問うているかが分かるようになってきました。この時点で、宅建勉強のスケジュールは間違えてないと自信を持ちました。

8月からは1日2時間と計算して、過去問題集を徹底的にやりました。この頃には自分の弱点や苦手な科目が大体分かってきます。本当は苦手で避けたい科目ですが、そうも言ってられません。徹底的にやりこんで「苦手」がないようにがんばりました。宅建の勉強スケジュールとして9月までは苦手克服期間と心に決めて、勉強したのです。

10月からは本試験と同じ時間で同じ問題数を解いて、毎日が模擬試験のようでした。宅建の勉強スケジュール的には最後の追い上げ時期です。苦手科目や取りこぼしがないよう気をつけました。間違えたところは参考書を再び熟読して、理解できるようにしました。

このように、宅建の勉強スケジュールを立てるときは、大体3つくらいの段階に分けるといいかと思います。まず、宅建の科目についての理解をする第一段階、自分の苦手を知りそれを克服する第二段階、総ざらいをする第三段階です。

一年前から宅建の勉強スケジュールを立てるのなら、第一段階を5ヶ月、第二段階を5ヶ月、第三段階を2ヶ月と分けるといいでしょう。個人的には最後の一ヶ月は第四段階として、まったりと復習に当ててもいいのではないかなと思います。

宅建を独学で受けて合格できなかったAは、一ヶ月ごとに宅建の勉強スケジュールを立て直していたといいます。臨機応変はいいことだと思うですが、ある程度はスケジュールを守るつもりで勉強しないと、身につくものもつかないのではないでしょうか。


>>予備知識や勉強時間がなくても合格したいならこの学習法